小林智美 旅行の部屋 トップ>メニュー>旅行>南フランス編6

朝、6時半頃目が覚める。
シャワーを浴びてから荷造りをはじめる。きょうはカンヌに行くのです。
フロントで10時にタクシーに迎えにきてもらうようにお願いする。
朝食はレストランで。ヨーグルト、ハム、チーズ、バゲット、はちみつ。ビュッフェ形式の朝食です。
このホテルは鳩を飼っている。テーブルセッティングしてあるテーブルの上を我が物顔で飛び歩くピーちゃん。
お客さんの食べ残しのパンをつついているのだ。見るに見かねたひわこさんが、ピーちゃんをおっぱらう。
 10時。チェックアウトしてロビーでタクシーを待つがなかなか来ない。フロントの女性がもう一度タクシーを呼んでくれた。タクシー代35ユーロ。エクスTGV駅まで15分。
背後にサント・ヴィクトワール山が見える。ごめんねひわこさん。 セザンヌのアトリエ行かなくて。
今回の旅は観光そこそこでのんびりしたいの。
売店でお水を買い、ニース行きのTGVに乗り込む。マルセイユまで15分。
10分ほどマルセイユ駅で停車したあと、今まで一番最後の車両だった我々の乗った車両が先頭になった。
電車の中では本を読んだりエクスで買ったポテトチップを食べたりしていた。

サンラファエルを過ぎると海が見えてきた。わあ、コートダジュールだ。
TGVにはあまりお客さんが乗っていなかった。シャルル・ド・ゴール空港から乗ったTGVは満席だったのに。
(ベルギーから来た電車だったから?)まあ、きょうはウィークデーだしね。
10分ほど遅れて午後1時半頃カンヌ駅到着。駅前からタクシーでホテル・マルティネスへ。
んが。5分ほどしか乗っていないタクシーの運ちゃんがホテルにつくと、10ユーロ請求してきた。そんなばかなと思いホテルのドアマンに聞くと、それでいいんですとのお返事。
メーターたおさなかったし。カンヌ値段?
気をとりなおしホテルにチェックイン。
ホテル・マルティネスは海岸通りに面した4つ星L(リュクス)のホテル。リゾート地ではなるべく泊まるホテルはフンパツするようにしている。でもこのホテル、お値段はシャルル・ド・ゴールのシェラトンより一泊が安いのであります。季節によってお値段の設定が違っていて、6月に宿泊するのはお得だと思います。南仏6月はすでに夏ですしね。
レセプションでは椅子にすわってチェックイン。
本当はコートダジュールではボーリュー・シュル・メールと言うところに泊まりたかったのだが、宿泊したかったホテルが6月はクローズしているためカンヌに変更したのでした。

カンヌというと5月のカンヌ映画祭。
このホテルにもムービースターが宿泊してフェスティバル・エ・デ・コングレにむかうそうなのです。
このホテルはすっきりとしたデザインでアールデコなムードのホテルです。メインダイニングは二つ星レストラン「パルム・ドール」。
私たちの部屋は−番リーズナブルな値段の部屋でしたがとても広く、くつろぐことができそうです。バスルームがめちゃめちゃ広い。
荷ほどきをして少し休んでから、街中にくりだしました。
フェスティバルホールまでクロワゼット通り(海岸通り)を歩きます。この通りは高級ブランドのお店が立ち並んでいます。海には客船が停泊していてリゾート感たっぷりな風景です。TVの天気予報では北フランスは雨みたいだけど南は晴れ。とても暑い真夏です。
フェスティバルホール近くのカフェで一息。その後アンチープ通りへ。この通りもお店がたくさん集まっていて、歩いている人たちがウィンドウ・ショッピングしています。
現金がこころもとなくなってきたので、両替所で3万円ほど両替をしました。成田空港より両替率が悪いです。コミッションに13ユーロもとられるし。

ひわこさんがサンダルが欲しいというので靴屋さんをいろいろ眺めました。
ギャラリー・ラファイエットでよさげなサンダルが見つかったので、ひわこさんお買いあげ。
ぶらぶらとお店をのきながらホテルに戻りました。
 本日はちょっと疲れているので、お部屋で夕食と言うことにいたしましょう。
私はチキンのハンバーガー。ポテトフライとグリーンサラダ添え。あと、ホームメイド・ショコラ。ショコラとミルクがやってきて自分でカップにそそぐものだ。ショコラ・ショー大好き。ひわこさんはビーフハンバーガー。おいしくいただきました。
 TVをつけると「スターウォーズ ジェダイの復讐」が放映されていた。この映画は実はきちんと見たことがなかったのだ・・・で、見始めたのだが眠くて途中で寝てしまった。
そういえば、きのうのジェット・リーの映画はリュック・べッソンの映画でした。ジェット・リーは中国の警察官であと、ブリジット・フォンダが出ていました。帰国してから友達に「それはロミオ・マスト・ダイだ」と教えてもらったのですが、映画のあらすじを読んだらなんか違うんです。なんでしょう。ご存じの方、教えて下さい。
前へ 次へ トップ>メニュー>旅行>南フランス編6