小林智美 旅行の部屋 トップ>メニュー>旅行>ロンドン編4

5月23日
今日はともこさんがおつき合いしてくださるということで、11時30分に待ち合わせの約束をしました。その前にロンドン塔の見学をします。いつもより早めに出て地下鉄でタワーヒル駅へ。駅前がロンドン塔です。以前訪れた時はしまっていて見学できなかったので、今日は楽しみにしてきました。朝早いせいか、入場券売場に観光客が誰もいません。入場料は12ポンド。高い・・・。入り口で荷物検査をうけます。城壁をくぐるとブラディータワーという剣呑な名前の建物があります。ロンドン塔は昔牢獄だったところで、処刑場でもありました。エリザベス一世も一時幽閉されていたことがあるそうです。まんなかの建物がホワイトタワーと言って武具や武器が展示されています。奥の建物はジュエルハウスでロンドン塔の最大の見所です。国王が用いる王冠や王しゃくが展示されています。これらのクラウン・ジュエリーは通常はここに展示され、戴冠式のときウェストミンスター寺院に運ばれるのだそうです。

普段ここはたくさんの観光客がいるそうなんですが・・・
誰もいません。まさに「ひとりじめ」です。クラウン・ジュエリーの前は動く歩道になっていて、立ち止まることができません。が、私たちは足踏みして見学しました。混んでいるときにこれをやったらひんしゅくをかいます。うーん、きれいです。堪能しました。ロンドン塔にはバッキンガム宮殿と同じ赤い制服を着た衛兵が立っています。ここでも衛兵のこうたいがみられます。彼らとはべつの制服を着た衛兵をビフィーターといいます。ビフィーターは現役をしりぞいた軍人さんらしいです・・・とどこかに書いてありました。
たくさん歩いたせいか、なんだか腰が痛くなってきてしまいました。旅行をするといつもの何倍も歩くため、こうなるのです。まずい。

11時30分
ともこさんがタワーヒル駅で待っていてくれました。彼女は1ヶ月前に日本に帰国した時にあっていたので、1ヶ月ぶりの再会です。
「これからバスに乗りませんか?」と、ともこさん。ねがったりです。腰がいたいんですう。

ワンデイ・トラベルカードはバスにも使えます。駅前からバスに乗ろうとしたとき、「チケット落としてしまったみたい!」と、ゆーこさん。
「だいじょうぶちょっとまってて。」ともこさんがバス停の前の売場に飛び込んでチケットを買ってきてくれました。
このバスはタワーヒル駅からロンドンブリッジを通りテイト・モダンの横を通過してコヴェント・ガーデン方面へ向かうバスでRV1路線といいます。ダブルデッカーではなく普通の赤いバスです。
途中で降りてバラ・マーケットというオーガニックフードを扱った市場を見学しました。パン、オリーブ、野菜果物などおいしそう。ダチョウの肉のハンバーガーを売る売店もあります。ちょうどお昼時だったので、近くの会社のビジネスマン達が立ち食いしています。私たちは夕食用に野菜たっぷりの分厚いピザとレモン・ムースを買いました。
「どうしましょう。ここでお昼食べていきますか?」ともこさんが言います。
「いや、ちょっと腰が痛いので、できれば座れるところが・・・」
「わかりました。じゃあ、テイト・モダンのカフェに行きましょう。」
少し前の情報ですが、話題の地区はこのテームズ川対岸だそうです。とても大きな観覧車、ロンドン・アイ、ちょっと怖い見せ物小屋ロンドンダンジョン、噂のレストランが入っているオクソタワー、バラ・マーケット、バーモンジー・マーケット、そしてテイト・モダン。

テイト・モダン
は2000年にオープンした世界最大規模の現代アートの美術館です。発電所だった建物が美術館に生まれ変わりました。ここにシティを一望できるカフェがあります。なかなかしゃれています。お昼時でしたが回転がよく、10分くらい待ってテーブルにつくことができました。私はフォアグラとルッコラのサラダを、ゆーこさんとともこさんはポークのハンバーガーを注文。とてもおいしかったです。
美術館からミレニアム・ブリッジが見えます。ミレニアム・ブリッジは優美なフォルムで人気を集めたのですが、揺れが激しすぎたため、オープンと同時に通行禁止になってしまったそうです。2002年になって補強工事が完了したそうです。
「わたりますか?」って聞かれたけど、こ、腰がああ。
作品を流し見ながら外に出て、バスに乗り コヴェント・ガーデンへ行きました。

コヴェント・ガーデンは市場跡のマーケット広場です。映画「マイ・フェア・レディー」でヘップバーン演じる花売り娘イライザがヒギンズ教授と出会ったのがここ。この辺は劇場が多いんですね。ミュージカルを見るところです。私はペーパーチェイスというステーショナリーを扱うお店で文具をお買い上げ。あとPAST TIMESというお店で「秘密の花園」の飛び出す絵本を買いました。紙人形遊びって歳でもないのですが、あまりにも素敵なのでつい買いました。私は「秘密の花園」のお話が大好きなので。ほかに「不思議の国のアリス」もあったのですが、とりあえず「秘密の花園」だけ。

バスでピカデリー・サーカスへ。
タワーレコード(ヴァージンメガストアかも)があったので、前々から捜していた、ケイト・ブッシュの「ライオン・ハート」とスティクスの「ピーシズ・オブ・エイト」を手に入れました。
ともこさんとはここでお別れです。今日は一日ありがとうございました!
「うちにも遊びに来てくださいね」「はい、是非!」
私たちはここから地下鉄でサウス・ケンジントンへ。
ああ、今日もよく歩きました。腰のほうは・・・もうだましながら歩いているって感じです。
ホテルに戻り部屋で紅茶を入れて・・・いっぷく。

前へ 次へ トップ>メニュー>旅行>ロンドン編4