小林智美 旅行の部屋 トップ>メニュー>旅行>パリ編1

1999年始め。
私は机に向かっていた。来週しめきり。
いままで、休み無くずーっと絵を描いていた。ああだめ。もう、私どこか行きたい。(これを現実逃避という)そういえば2年も海外にいっていないじゃない。(仕事しろ私。してます)そうよ、来週。来週行くわ!そうだパリに行こう!(思い立ったら即決な私)・・・でも、こんな私につきあってくれる人いるかな?
電話に手をのばしYちゃんに電話する。Yちゃんはイラストのお仕事や漫画家のM先生のアシスタントをしている。「あ?Yちゃん。来週パリへ行こうと思うんだけど、一緒に行きませんか?」「うん、行きたーい。ちょっとM先生にスケジュール聞いてみるから待ってて。」ほどなくしてお返事が。「ちょうど、仕事の合間みたいだから、だいじょうぶよ。それでね、M先生もご一緒したいって言っているの。」
行きましょう。行きましょう!みんなでパリへ!

7月9日
朝7時頃駅で編集さんに原稿を渡す。こんなに早くに起こしてしまってすみません。「小林さん、荷物それだけですか?」私の旅行用荷物を見て編集さんが言う。私はいつもバックパックに荷物をつめるのでけっこうコンパクト。夏だし荷物は少な目。
10時に成田空港第一ターミナルでYちゃんとM先生と待ち合わせ。彼女たちに航空券を渡し、チェックインしたあと少し空腹だったので、おそばを食べる。
「あらもう出発30分前よ。」あわてて出国審査をするが、ここですでに10分前。まずい。走る。係りの人が探しに来た。「走って、走って!もう出発許可がでています!」飛行機に飛び乗り座席に着いたとたん、動きだした。はあ、こんなことは初めて。すみませんでした(と、成田空港の人にあやまる)。12時頃出発。航空会社はエールフランス。ミールはまあ、まずまずというところ、このエールフランスはパンのおかわりができます。ワインとシャンパンが飲み放題。さすがフランスだね。お酒が好きな方には楽しいでしょう。
映画は「ダブル・ジョパティー」・・・だったと思う。私は小説を読んでいました。パリへ行くので「ナポレオンとジョセフィーヌ」(中央公論社刊)お堅い本なのかと思っていたら、すごくおもしろくて、何がというとナポレオンてばジョセフィーヌにラブラブなの。いくつもラブレターの中身が書いてあって、ほんとう?これ?

現地時間5時頃パリ、シャルル・ド・ゴール空港に到着。
入国審査を終え荷物をピックアップし・・・目の前にカフェがあったのでいっぷくする。それから荷物をひきずってバス乗り場にいきたいのだが・・・この飛行場は初めてでよくわからない。私たちはターミナルFに到着したのだが、てくてく歩いてターミナルDまで来てしまった。表へ出たらちょうどエトワール凱旋門行きのエールフランスのリムジンバスが止まっていたので乗り込んだ。値段は・・・60F・・・今はユーロだから、変わっちゃったね。
パリは(わたしは)15年ぶりくらい。以前来たときは 英語を話すとフランス語に直されたり、「英語を話せないから」と言って道を尋ねても逃げていくご婦人とか・・・という思い出が。でも、街中にバスが入っていくと古い街並みにだんだんわくわくしてきました。

ポルト・マイヨを経由して凱旋門に着く。

凱旋門の近くにリムジンバスの乗降場があります。すでに7時をまわっていると思うのですが夏なので日の暮れるようすが無い。今回のお宿はシャンゼリゼ通り近くの「ホテル・ロード・バイロン」。シャンゼリゼ通りの地下鉄ジョルジュ・サンク駅から裏通りに入ったところにある三ツ星ホテル。

ホテルに着くと
フロントのマダムにバウチャーを提出し、チェックインのそのむねを伝えると返事は英語。むむむむ。かまえてしまった。何かチケットをいただく。エッフェル塔の割引券みたい。私たちの部屋は中庭の向こうの建物。建物の入り口を入ると廊下が真っ暗。どうやって部屋番号を確認したか覚えていないが手探りで鍵を開けて部屋に入る。ブルーの壁紙にラルフローレンのような花柄のカーテンとベッドカバーのお部屋。一階なので窓に鉄格子。エアコンはなし。扇風機がおいてある。パリは湿度が低いのでエアコンのないホテルってけっこうあるみたい。(暖房はあります)古い建物のプチホテル。日本で予約したらトリプルで手数料を入れて(旅行代理店で予約したから)一泊23500円くらいだったけど、ホテルの壁に貼ってある料金表ではツインで16000円くらいだった。結局扇風機は使うことはなかった。荷物の整理をしてから夕食と散策をかねて街中へくだりました。

ジョルジュサンクの交差点にでて

右を眺めると凱旋門。シャンゼリゼ通りは広く、歩道も広くてすごい人通りです。ここからの眺めがよく旅行のパンフレットで見る「パリ」でしょうか。目の前はルイ・ヴィトンの本店。こんなに明るいのにしまっています。夜だから(笑)。坂をFRANKRIN-D-ROOSEVELT駅のほうに降りていきましょう。ヴィトンのお向かいは「フーケ」というカフェ。ここのコーヒーはパリで一番高いらしい。「シャルル・ジョルダン」を通り越した先に「セフォラ」というコスメ・ショップがある。自社ブランドの製品のほかにいろいろな化粧品会社の製品と・・・香水がたくさん!入り口に黒服のナイスなお兄さんが立っています。ここは化粧品のショップだというのになぜか男の人もおじさんもどんどん店にはいってくる。しかし・・・ほんとーにすんごい香水のにおい!本も売っているので、いろいろ眺めてラファエロ前派を集めた絵の本(本をあけると香水の香りが)を買いました。(このお店はこの後も何度か入ってしばらく遊んでいた。)ホテルのバスルームに小さな石鹸しかなかったので、使うためにここで薔薇の香りのする石鹸を購入。さらに道を下りスーパーマーケットに入りいろいろ眺める。ジュースか水を買ったかもしれない。覚えていない。
今は夏なので道行く人は薄着なのだが胸の大きくあいたTシャツやタンクトップできている女性が目立つ。胸の谷間が見えていてもなんだか健康的に見える。人種の違いだろうか。

ホテルの近くに中華料理屋があり、M先生のリクエストで今晩の夕食はここ。壁にパンダの絵が飾ってありYちゃんが「パンダの中華料理屋」と銘々する。春巻き、炒め物、スープ麺を注文しシェア。けっこういける。

ホテルに戻りじゃんけんで入浴の順番を決める。あれ?ここのバスタブ栓がない。「タオルつめたら」「ペットボトルのキャップつめたら」いろいろ考えたけれど、どうもこのバスルームはバスタブ付きのバスルームではなくシャワー付きのバスルームだったらしい。
お風呂からあがりテレビをつけると、ジェーン・バーキンが歌っていた。 いやあ、パリですねえ。

前へ 次へ トップ>メニュー>旅行>パリ編1