小林智美 旅行の部屋 トップ>メニュー>旅行>北欧編3

「ロシアとの国境にの近くにね、軽井沢みたいなところがあるらしいの。」
調べるとそこは「ラッペンラッタ(ラッペンランタかもしれない)」と言う。おおきな湖のほとりだ。私が持っていったガイドブックは「一日6000円の旅」というバックパッカーのための手引き書。投稿記事で構成されている。北欧はあまりメジャーじゃないらしく、情報が少なかった。今まで街中にいたので、こんどは自然の多いところにいくのは、よいかも。
6日目、列車に乗って一路ラッペンラッタへ。

フィンランドは北海道に似ている。

ずうっと森が続いていて、車窓から見る眺めは、東山魁夷(こんな字でしたっけ?)の絵のよう。私は列車の中で「グイン・サーガ」を読んでいた。すると同じコンパーメントにすわっていた、外人の女の子が「この本の字はどちらに向かって読むの?」と、聞いてきた。縦です、と答えると「オー」と言って、珍しそうに見ていた。彼女たちともおしゃべりをしました。英語を喋っていたのでアメリカ人かイギリス人だったのかも。ラッペンラッタでさようならして、列車を降りました。泊まるところはユースホステル。ラッペンラッタの情報はガイドブックに載っていたかどうかさだかではないので、たぶん観光案内所で聞いたのだと思います。移動につぐ移動でちょっと体の方も疲れてきていたので、ここではゆっくり休むつもりでちょっとした散歩くらいしかしませんでした。夕食はスーパーで買ってきたスパゲティーを茹でたものと、サラダ。自炊です。食事をしていると食堂の窓を外から中学生くらいの女の子がたたいています。「こっちにきて」と呼んでいるようです。フィンランド人の女の子二人です。とりあえず表にでたけれど、私フィンランド語なんてしゃべれません。なにかお話をしたいようだったのだけれど、結局会話はできませんでした。残念。

「ところでね」Mさんが言います。
「私、誰かと一緒にいると、人に頼ってしまうようなの」「だからここで分かれて行動しましょう」
「えっっ?!」
海外旅行の初心者を一人残してどこかいっちゃうの?Mさん!
「ストックホルムまでは一緒に行くわ。」ほっ。
私の方もラップランドにどうしても行きたかったし、「うん、わかった」
翌日、列車に乗るために駅に向かいました。やってきた列車に乗ろうとすると、駅員さんが「この列車はオール・リザーブの列車だ。予約をしていないと乗れない。」というのです。そんなあ!
あわてて窓口まで駆けていって、予約をしました。列車は私たちが戻るまで待っていてくれました。ヘルシンキに着いた私は本屋さんで、フィギュアを撮影して作った、「ムーミン」の絵本と、アストリッド・リンドグレーンの「はるかな国の兄弟」のフィンランド語版の本と、フィンランド語の辞書を買いました。この小説が大好きで日本語では読んだのですが、フィンランド語でも読めたらと思って。(結局読んでません)またシリヤラインに乗ってストックホルムへ。日本航空のストックホルム支店へ行って、帰りのフライトのリコンファームをしました。帰りの飛行機に乗る場合、搭乗72時間前までに、予約確認をしなければなりません。これを怠ると予約を取り消されてしまう場合があります。ここでMさんとお別れです。
「ごめんね。がんばってね」と旅行8日間目にして、わたしは捨てられました(笑)。

それからテクテク見知らぬ土地
の街角を歩いていました。 「そう!私はラップランドに行くんだったわ。航空券をかわなけりゃ。」地図を見ながら・・・この地図は日本のスウェーデン観光局で手に入れたもの。昔はインターネットなんてやってなかったからね。いまは便利になりました。スカンジナビア航空の支店へ出向きました。北極圏のどこへいこう。本当はノールカップという、ヨーロッパ最北端の岬へ行きたかったのですが、無理そうなのであきらめ、ノルウェーのアルタという街に行くことを決め、女性の係員にそのむねを伝えました。彼女はコンピューターの画面を見つめ、カウンターの中にいらっしゃいと言う。英語もままならない日本人に(たぶん子供だと思われたんだろうなあ)画面を指さし、「どの時間のフライトにしますか?」と尋ねる。「じゃあ、朝7時出発のフライトで」航空料金を尋ね、近くの銀行でトラベラーズチェックを現金に変え(カードを持っていなかった)お店に戻り航空券を受け取った。それから荷物を背負って今晩泊まるホテルに向かいましたが・・・・

ここでハプニングがおこりました。
ホテルインフォメーションで予約してもらった宿の住所にあるのは、違う名前のホテルだったのです。2,3度そのあたりをウロウロしたのですが、無い。なんとしても、見つからない。ちょっとの間「ここはどこ、わたしは誰」状態になりました。困った私は名前の違うホテルに入り、フロントの女性にワラをもつかむ思いでお願いしました。「この紙に書いてあるホテルの住所は間違っています。お願いです、この電話(ホテルの)に連絡して、正しい住所を・・・。」と。「いいですよ」よかったー!!かくしてわたしの泊まるはずのホテルが見つかりました。100メートルも離れていない位置にあったのです。たぶん私が泊まるはずのホテル・オーガストはさきほどのホテルの隣に記録されていて、インフォメーションの人が行を間違えて写したのでしょう。でも、見つからないはず、ホテル・オーガストには、看板が表通りになく、20センチ四方の「ホテル」と書いた紙がペラリと貼ってあるだけだったんですから。表通りから中庭に入っていく道があり、中庭の奥にクレジット・カードの看板が。ペンションのような小さなホテル。夕食を食べに駅へ。セルフサービスのお店で北欧名物オープンサンドを食べました。明日は早起きなので、早く休むことにします。

中庭で夕食を取っている人たちの楽しそうな話し声や歌声を聞きながら、眠りにつきました。
前へ トップ>メニュー>旅行>北欧編3