小林智美 旅行の部屋 トップ>メニュー>旅行>北欧編

私が始めて海外旅行に出かけたのは、23歳の時。
当時、私はとても「北国」に憧れていて、アラスカに行こうかシベリア鉄道に乗ろうか、どちらにしようか考えあぐねておりました。ちょうどその頃に読んだ本に、「フィンランド語は猫の言葉」「極北の青い闇から(ラップ人と暮らした記録)」があり、急にラップ人に会いたくなって、行く先を北欧に決めることにしました。
同行者はMさん。私より10さい年上の女性で、20歳のころ通っていた、洋裁学校の夜間部で知り合った人。彼女にフリーで海外旅行に行った話など聞いたものだから、まぁ、自分でも簡単に行けるつもりになったんでしょうね、わたし。
・・・で、OLをしていたので、会社の上司に休暇届を出しに行きました。「何日行くの?」「18日です。」「えっっ?そんなに?」と、まあびっくりされましたが、許可してくれました。今考えるとよくまあクビにならなかったな。部長さん感謝!!


8月の北欧。良い季節です。
Mさんは4ヶ月ヨーロッパを旅行する、ということで、さきに出発し、デンマークのコペンハーゲンで落ち合うことになりました。
初めての海外旅行。誰も案内してくれる人がいない、自由旅行。やっぱりドキドキしました。朝起きて箱崎のリムジンバスのターミナルで出国審査を済ませ、成田空港へ。選んだ航空会社は、JAL。成田ーコペンハーゲン間の航空運賃代が34万円。ピーク料金とはいえメジャー・キャリアの飛行機運賃は高かったんですねぇ。あの頃。
ユーレイル・パス(ヨーロッパの国鉄のフリー・パス)の運賃代はよく覚えていないのですが、7万円くらいしたと思うので、やっぱり当時の海外旅行は費用がかかったのだなぁ、と思います。
わたしの座った座席は、窓際。やっぱり外の景色を楽しみたい。隣の席は若いビジネスマンの男性。彼はお仕事でコペンハーゲンに行くとのこと。「私は休暇で。」と答えると、いいなぁ、とうらやましがられました。
コペンハーゲンの空港にMさんが迎えに来てくれました。私は一泊だけホテルをとっていたので、翌日、国鉄のコペンハーゲン駅でまた待ち合わせることになりました。

次の日、ホテル前の停留所からバスに乗りました。バスの運転手さんが女性だったので、びっくりしました。だって女性の運転手さんなんて、初めて見たのですから。
バスが終点に止まり、どこかの広場に降り立ったのはいいけれど、そこがどこだかわからない。きょろきょろしていると、バスで一緒だったカップルが、「どこへ行くの?」と、声をかけてきました。
「駅にいきたいの」というと、「こっちよ」と案内してくれました。しかも女性のほうは手までつないでくれる。駅に着くと荷物をコインロッカーに預け、Mさんを待っていたら、ふらふらしながら彼女がやってきました。
「具合が悪いの、悪いけど一人で観光してくれる?」
先に2ヶ月スペインの方を旅してきた彼女は、疲労から体調を崩したらしい。ユースホステルに私の予約を入れておいてくれる、ということで、彼女と別れ、一人町中にくりだしました。


まずは王宮、それから「人魚姫の像」ね。空は真っ青、空気はすんでいます。直射日光は強く、でもからりとしています。湿度が低いせいでしょう。実のところ、時差ボケしていて、ちょっと気分がすぐれなかったのですが、知らない土地を歩いているので、キリキリと。
デンマークは当時女王さまがおいでになりました。今は・・・知りません。王宮にもイギリスのバッキンガム宮殿とよく似た衛兵が立っていて、夏なのにしっかり着込んで、ご苦労様のことです。隣に座っている観光客の若者はTシャツに短パン。あー、ご苦労様です。
歩いていると、公園で青年たちがパンツ一丁で、サッカーを楽しんでいます。北欧は一年の中で、日照時間が少ないため、夏がくるとドンドン裸になるらしい。彼らの裸が時差ボケした頭にくらくら。いまでも妙に印象に残っているんですよね。


守衛さん

デンマークはアンデルセンの生まれた国。
人魚姫の像です。俳優の岡田真澄さんのおばあさまが、この像のモデルだって、本当?
晴れ渡る空をバックに人魚姫は少し悲しそうにうつむいていた。それにしても、本当にそらが真っ青。日本でこんな青い空見たことない。観光を早めに切り上げ、ユースホステルへ。ジュースとファーストフードを買って。ちなみに自動販売機は日本製でした。「おつり」と書いてあった。ユースホステルのお部屋は、二段ベットがひとへやにいくつも置かれている、ドミトリーと呼ばれるもの。

人魚姫

Mさんはまだ調子悪そう。
ベットに転がっていたら、隣のベットの女の子が帰ってきて、いきなり「ハロー!!」私びっくりして、飛び起きて「はうあーゆー?」「ああ、いいの、寝てて寝てて、ごめんなさいねえ」すごくフレンドリー。
さて、シャワーを浴びることになり、シャワールームへ行くと、着替え室もなく仕切もなく、女の子たちがバンバン裸になってナイス・バディーをさらけだして、ガンガンシャワーを浴びている。わたしははずかしくなって、おたおたしているウチに、潮が引くようにみんな立ち去ってしまった。そして私はまだ服を脱いでもいなかった。こういうところ、日本人なんですよねぇ。わたし。

シャワーから戻って、買ってきたファーストフードの夕食を食べることになりました。メニューは、コールドミートのマヨネーズのようなもの添え、フライドポテト、チーズ、林檎。お味の方は・・・まずかった。
コールドミートが・・・・・・・・

次へ
トップ>メニュー>旅行>北欧編